離婚寸前から仲直りした8歳差夫婦のはなし。

私は6年前、第一子の出産を期に

義家族のお家で同居を始めました。

途中でストレスに耐えきれなくなり

二世帯住宅にリフォーム。

しかし義母とのトラブルが起こり

私は心身の不調を抱えることに。

適応障害のような状態のまま

今も義家族と断絶状態のまま

二世帯住宅で暮らしています。

そしてストレスは日々蓄積して

ひと月ほど前に限界を迎えてしまいました。

義家族だけでなく

旦那さんのことが信じられなくなり

喧嘩というか、一緒にいるのも苦痛でした。

一年後に引っ越しと離婚を旦那さんと約束して

目も合わせない状態で過ごしていました。

しかし最終的には仲直りしたのです。

今回は本当におしまいだと感じていたので

仲直りできたなんて信じられないです。

そんな私たちのことを

書いていきます。

決裂の原因は日々のストレスの蓄積と気持ちのすれ違い

私は土日に3人の子供を旦那さんにお願いして

パートをしています。

子供たちの幼稚園の行事などの時は

お仕事を休むので一緒ですが

それ以外は別々です。

平日は旦那さんは朝ごはん家で食べないし

夜ご飯も帰りが遅いので食べません。

旦那さんは睡眠が大切なので

土日は家事育児で疲れて子供と一緒に寝る。

私は寝かしつけたら起きて片付け全てやる。

旦那さんとコミュニケーションを取ることが

ここ何カ月かとても減っていました。

そんな中で私は

自分と旦那さんは生活習慣も性格も

全然違うし合わないな、という感覚が

とても強くなっていきました。

また、私は

義家族と関わらずとも同じ家に住んでいて

無言のストレスみたいなものが

日々すこしずつ積み重なり

どんどん膨らんで抱えきれなくなっていました。

私はすごくつらくても

旦那さんは仕事に趣味に子育てに

忙しくも楽しそう。

私は楽しそうだけど心の中はいつもつらい。

私だけこんな辛い思いして我慢しているのは

なんだかおかしいし

本当に大切な人に対して

無理を平気でさせ続けるのは人としてどうなの?

そんな人と一緒にいる意味は無いし

お互いに本当に大切にしあえる人と

一緒にいる方がいいと、

本当に思ったのでした。

仲直りのきっかけは娘のはたらきかけ

私は離婚に向かって

いろいろ情報を集めたり

計画を立てたりしていましたが

娘はパパとママのケンカがいつまでも終わらず

不安なようでした。

毎日のように私に

パパと仲直りした?仲直りしたら?

と言ってきます。

そのうちに私も

離婚するとしても仲直りはしないと

離婚後に子供たちに与える負担が

大きくなるなと実感し始めました。

そこで、勇気を出して

旦那さんに、ケンカの時にひどいこと言って

ごめんね、というような内容を

LINEでメッセージを送りました。

旦那さんも気持ちを話してくれた

旦那さんはLINEより電話派。

文章打つのが嫌いらしいのですが、

今回は文章派の私に合わせて

ちゃんと考えて文章を送ってくれました。

そこには、

旦那さんは怒っていないし、

仲直りして離婚しないで

また元通りに過ごしていきたい、

私のこと大切に思っているし、ずっと一緒にいたい

ということを書いていました。

ケンカするといつも私の話を適当に聞き流して

その場しのぎの言葉しか言わない旦那さん。

でも今回は、本当に離婚したくない、

今まで誠心誠意で私に向き合わなくてごめん、

って伝えてくれました。

旦那さんは私よりも義家族の方が大事なんだと

ずっと感じています。

今もそう思う時はあるけれど

これからは家族5人で過ごす時間を

もっと大切にすると言ってくれた旦那さんを

信じてみようと思っています。

価値観の違いを受け入れるのは難しい

私は適応障害だと思います。

先日も元旦だというのに

また義家族との間接的な接触により

パニックを起こしてしまいました。

そういうことが起こる時、

パニックや感情爆発の原因は

旦那さんの判断が

私にとって良くない方法であることがほとんど。

旦那さんは良かれと思ってやったことが

私にとっては最悪の判断である、

ということ。

もし、私の気持ちをよく理解して

どんな時に私が苦しむのか、つらいのか。

どうしたら私が安心して過ごせるのか

考えてわかってくれる人であれば

私は安心してその人に心を打ち明けたり

一緒にいることができると思います。

でも、

旦那さんは人の気持ちや状況を考えてあげるのが

苦手なんです。

私の心に寄り添ってくれているとは

どうしても思えない言動、行動をすることも

少なくありません。

それでも。

私のことを大事だと言ってくれて

一緒にいたいと言ってくれている。

子供も3人いる。

私たちは家族だから、

努力してお互いに信頼し合えるように

頑張らなきゃいけないんだと思います。

旦那さんが頑張ってくれても

多分この先もずっと

私の気持ちを理解したり

心から安心できるようなふるまいは

できるようにならないと思います笑。

でも、そういう

価値観や感覚の違いも受け入れて

私は生きていかないといけない。

私が信じるべきことは、

旦那さんはいつでも私のことを

大切だと思ってくれているということ。

それだけは本当なんだ、

って、旦那さんも言っていました。

私が辛い時に助けてくれたり

一緒にいると元気付けてくれたりすることは

この先もあんまり無いかもしれないけど、

いつも味方だと言ってくれる人が

そばにいてくれることは

きっと幸せなことなのだと思う。

ただ、旦那さんの気持ちを信じて

価値観や性格の違いも受け入れて

一緒に生きていく。

何もかもが相性抜群で不満の無い関係というのは

きっとすごく難しい。

喧嘩も衝突もしながら

お互いに許し合っていく。

難しいしつらいんだけど、

諦めないで投げ出さないで

向き合っていくのが

大切なのかなと思うようになりました。

離婚危機は回避できる。まとめ

離婚危機でも心が離れそうになっても

離婚しなければ

その危機は回避できる。

乗り越えられるのだと知りました。

もちろん、本当に耐えられずに

離婚することもあるだろうし

離れることがお互いにとって最善ということも

あると思います。

けど、本当に離婚する必要があるのか、

すこし努力したら

また元通りの関係に戻れるんじゃないのか、

落ち着いて考えてみると

解決できたりするんですね。

私たちは8歳歳の差があります。

それでも年齢は関係なく

お互いに怒ったり泣いたり

失望したり説得したり謝ったり許したりして

感情をぶつけ合って

関係を深めているんだと思います。

私は旦那さんのことを大好き、と

出会った頃や結婚した時のように

軽々しく言えないです、今は。

いろんなことがあって、

いい時も悪い時も過ごしてきて

大切な人だ。そういう感じです。

離婚危機を回避して間もないからかもしれない。

また楽しい時を一緒に過ごしていけば

だいすき、の気持ちが

復活するのでしょうか笑。

今年は結婚して8年目。

離婚危機も何度かあったけど

結局は仲直り笑。

年齢差は関係ない。

お互いに大切に思い許す気持ちがあれば

関係は続けることができるのかな。

と思わされた今回の危機でした。

夫婦喧嘩されている方や

パートナーとの関係を見直したいと

思われている方へ。

こんな人もいるんだな、と

参考になったらうれしいです!

タイトルとURLをコピーしました