元スポーツ記者見習いが教える、小さい子供のスポーツ写真を可愛く撮るポイント3つ!

3人子育て
カメラ

元スポーツ記者見習いが教えるシリーズ!

今回は子供のスポーツ写真のコツです。

私の子供はまだ幼稚園なのですが

何度か小学生くらいの子も撮ったことあるので

その経験に基づき書いていきます。

運動会や習い事での撮影の参考に

してみてください!

コツ①子供の目線の高さに合わせて撮る

子供を上から見下ろす時と

同じ目線で顔を合わせる時と

どちらが表情や動きがよく伝わってきますか?

後者ですよね!

写真も同じで、

目線の高さに合わせた方が

子供の表情や動きがよく写せます。

ついつい、椅子に腰掛けてそのまま、とか

立ったままで撮影しそうになると思いますが

お子さんが小さかったり

パパママの背が高い場合は

膝をついたり中腰になったりして

なるべく子供の高さに近づけて

撮ってみてください!

ただし、上から見下ろす角度で撮りたい場合は

そのようにしてOKですよ。

コツ②弾ける笑顔を大きく写す

子供が小さいうちはいいことがあると

パパママのもとへニッコリ笑って

走り寄ってきてくれますよね?!

運動をしていて楽しいと

汗かいて顔を赤くして、

ニコニコで走ってきてくれたりします。

その表情をアップで撮ってみてください!

はつらつとした元気いっぱいの笑顔を撮れるのは

パパママだけかもしれません!

いい顔して走り寄ってきた、と思ったら

それはシャッターチャンス!!

正面からなるべくアップで撮ってあげると

よりいい感じになりますよ〜!

コツ③あえて引き気味で撮り、体の小ささを引き立たせる

私はスポーツはアップで撮ることを

基本的におすすめしていますが

小さな子供はあえて引き気味で撮ることで

小ささが際立って可愛いです!

周りの大人が画角に入るようにしたり

木などを画角に入れて

「こんなに小さかったんだ!」と

何年かしてから

懐かしく思えるはず。

アップと引きと、

両方で撮っておくとおもしろいですよ!

まとめ

小さな子供を撮るからと言って

大きな違いは実は無いです。

ただ、目線を合わせるのは大事なポイント。

ビッグスマイルをアップで撮れるのは

小さい頃ならではの撮り方だし

引いて撮るとより可愛さが引き立つのも

小さい子ならではです。

スポーツしている時だけではなくて

普段スマホなどで写真を撮る時も

参考にしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました