元スポーツ記者見習いが教える!子供の運動会でいい写真を撮るコツ!

3人子育て
カメラ

もうすぐ小学校とかは運動会ですよね?!

子供の活躍を写真におさめたいと

思われているパパママは多いはず。

運動会の写真って

どう撮ればいいのか悩みますよね。

しかし、

スポーツ写真は難しいようでいて

意外とちゃんと撮れますので、

思い出に残る

いいスポーツ写真撮影の

コツをご紹介します!

(カメラの設定や構図については別にまとめます。

ここで最低限意識するといいことを

お伝えします!)

私は以前、

大学で体育会の記者活動をしていまして

バレーボールとか陸上競技とか、

あとはアメフトとかね!

いろいろ撮影していました。

その経験をもとに簡単に説明しますね!

スポーツ撮影におけるいい写真、思い出に残る写真ってどんなの?

スポーツ撮影とは動いている場面を

切り取るものだと思いますか?

実は、静止していても

ユニフォーム着て待機していたり

応援している真剣な眼差しだったり

そういう姿を捉えれば

スポーツ写真になります!

動いている所を撮るなら

シャッタースピード上げれば

ブレを抑えて撮影も可能ですね。

でも撮影してみたらブレ感が微妙、とか

うまく画面に子供が入らなかったりして

やはり、ちょっと難しいです。

でも、待機している我が子とか

友達と一緒に勝利を喜ぶ笑顔の我が子なら

どうでしょうか?!

撮れそうな気がしませんか?!

いいスポーツ写真って何か。

競技のその一瞬にかける思い、とか

今その場でしか感じることができない

仲間との時間、とか。

会場から感じられる熱気、

日々の練習の成果である印象的なプレー

など。

スポーツを通して、今しかない

その人のかけがえのない一瞬を捉えた写真。

それが

いいスポーツ写真なんじゃないかな、と

私は思っています。

コツ①子供の出場競技と立ち位置を把握する

スポーツ写真って基本的に

その一瞬しかシャッターチャンスが無いです。

写真館のように何カットも撮れません。

なので、

撮りたい写真のイメージをはっきり持つこと

がとても大切。

なんの競技のどんな姿を撮りたいのか

はっきりさせてください。

可能ならば

会場のどの辺りで我が子は競技するのか

立ち位置まで確認しておくと最高です!

コツ②撮影場所を確保する

撮りたいイメージと場所が明確になったら

場所取りを頑張ります!!!

いい写真撮れるか

八割方きまると言っていいです。

場所が取れないと撮りたいもの撮れないです。

朝から門に並んで場所取りするのか、

競技ごとに移動して観戦場所へ移動するのか

人により違うと思いますが

とにかく、撮りたい場所を

しっかり確保しましょう!

コツ③子供の目線の高さに合わせてなるべくアップで撮る

スポーツ新聞とか雑誌を

イメージしてみてください。

選手がアップで写っているものが

多いと思いませんか?

トリミングは考えないとして、

写真はなるべくアップで撮ると

表情がはっきりわかり、カッコよく見えます。

全身を撮るにしても

なるべくアップにすると

躍動感が伝わりやすくて

カッコよく見えますよ!

待機中や仲間と喜んでいる場面を

撮る場合は上半身だけにすると

より表情がわかります。

撮る時に撮影者が

子供の目線に合わせることも大切。

あまりにも遠くから望遠で撮る場合を除いて

目線を同じにした方が

表情も動きも大きく画面に出てきます。

コツ④たくさんシャッターを切る!

連写しまくりでいきましょう笑!

スポーツ写真慣れている方でしたら

ピンポイントでシャッター切ればいいのですが

慣れていなけば

たくさん連写して

後でいいのを何枚か選べばOKです!

コツ⑤躊躇せずにガンガン撮る!

子供の姿が見えたら、

すぐ撮り始めましょう。

競技時間って意外と短くて、

入場と退場の行進を含めても

我が子が見えるのは一瞬だけだったりします笑。

撮ろうかどうか迷っているうちに

子供が見えなくなって一枚も撮れなかった、

なんてことにならないように

撮れる時はたくさんシャッター押してください!

競技中だけではなくて

行進も待機も、思い出です。

競技撮影の練習にもなるし

明るさ調整なども含めて

勇気を出してバシャバシャ撮ります!

行進も待機も競技もたくさん撮ったら

後で画像を取捨選択していきます。

ブレていたり

画角の端に我が子が寄りすぎていたり

残さない写真が大半で、

いい写真はほんの数枚に

絞り込まれると思います。

しかしそれは、ガンガン撮ったからこそ!

たくさん撮らなかったら

一枚も残せるものがないかもしれないのです。

周りの目とか気にせず、

たくさん撮ってくださいね!!

まとめ

今回はカメラの設定や

おすすめの構図ではなくて

カメラ持ってるけど

どうスポーツ写真を撮りに行けばいいのか

わからない、というような迷いを

解消するコツを書きました。

運動会や部活の試合で

我が子を写真におさめたい!

という方は、

ぜひ、競技の特徴を把握して

撮りたい姿をイメージし、

それを撮れそうな場所を確保してたら、

お子さんの目の高さに腰を落として

ガンガン連射してください笑!!

これでけっこう、

いい写真撮れると思いますよ!!

カメラの設定は私も感覚でやることが多くて

あまり参考にならないので

おすすめの構図とか場所取りについて

また書きたいと思います。

運動会や試合のいいスポーツ写真撮影、

ぜひチャレンジしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました