トイレトレーニング成功のコツは、始めるタイミングとママパパ主導のおトイレタイム

3人子育て
トイレと男の子

私はトイレトレーニングが育児の中で一番好きじゃなかった(笑)!

なぜかって言うと、なかなか終わりが見えないから!

失敗が続いてしまったり途中でやる気喪失されたりして

いつになったら一人でおトイレできるようになるの~?!

と、気が遠くなってしまうから好きじゃないのです。

でも!

コツさえ押さえれば短期間でできるようになるし

大変じゃない!!

私の長男も今トイトレ中ですが

日中はほぼオムツ卒業!

私流ですが、ママも子もストレスなく

オムツ外せるトイトレ方法をご紹介します!

コツ①トイトレを始めるタイミング

まず、始めるタイミング!

急いで始めてはいけません!

あくまでも私の場合ですが

一度のおしっこの量が増えて

オムツではキャッチしきれないな~

と感じてきた頃が始め時です!!

おしっこの間隔とか計るより

もうおしっこが多いからトイレでした方が衛生的だな、

という感覚でトイトレ開始するのがおすすめ!

そのころには子供と言葉も通じるから

トイレの使い方や

おしっこ行きたくなったら教えてほしいということも

理解してくれます。

トイトレの長期化がなくなります!

子ども自身がトイレに興味を持ち始める頃とも

時期が重なると思うのでこのタイミングで始めるのがおすすめ!

保育園や幼稚園入園に合わせて

始めると思うのですが

プラスαのトイトレ開始判断材料として

子供の心身の発育も見てみると

トイトレ進めていくうえでストレスが小さいと思います。

コツ②パパママ主導のおトイレタイムで少ない失敗で進めていく

トイレをいざ開始しても

子供は自分がトイレに行きたいかどうかなんて

わかりません!!!

なので、パパママからトイレに誘ってください!!

ちゃんと説明しても

まだ2歳半とか3歳の子に

トイレに行きタイミングを完璧に大人に伝えさせるなんて無理です。

大人が時計を見て

まずは30分おきに子供をトイレに連れていきます。

出ても出なくても

朝から晩まで30分おきにトイレに連れていく(笑)!!

これを3日くらい続けると

子供がおしっこを我慢するようになってきます。

何回もトイレ行くのが面倒だからね(笑)!

で、なんとな~く大人もトイレに連れていく時間の間隔が

長くなっていって

1時間おきくらいになっていきます。

そんなことを毎日やっていくうちに自然と

子供がおしっこしたいな、っていう感覚をつかんでくれます!!

感覚をつかんだら子供がトイレにいきたい時に

パパママに教えてくれます。

1時間とか2時間しても子供がトイレに行かない時

大人から

おトイレ大丈夫?と

聞いてあげると、

行く!とか

答えてくれるようになります!

失敗の経験を無理にさせる必要はない

よく、

オムツもパンツも履かせずにお家で過ごさせて

おもらしをしちゃって、失敗を経験して

嫌な思いをしたからこそトイレに行くようになる

みたいな話を聞きませんか?

私はこれとはちょっと違う考えです。

だって、失敗しちゃうと子供は悲しくなるし

大人は片付けが大変だから

何度も失敗しちゃうと怒っちゃったりしますし。

子供は悪くないのに嫌な気持ちになる。

大人も子供も。

すると、大人も子供も

トイトレが嫌になっちゃう。。。

それよりも

大人から先に連れて行って

成功したらすごく褒める!!

時々は失敗しても気にせず次頑張る!

失敗の回数が少なければ

片付けも穏やかな気持ちでできます。

ちなみに私は初めの1週間くらいは

パンツじゃなくてオムツでトイトレします。

初めは絶対に失敗するし

片付けが大変だと嫌になるから!

できて褒めてもらえるなら

子供も頑張れるし

わざわざ失敗体験を繰り返させる必要なんて

無いと思います。

そうこうしているうちに

トイレに行けるようになれば

それでいいんじゃないかな。

まとめ

トイトレはあまり早く始めると

子供の心身の成長が追いついていなくて

無駄に失敗させてしまい

片付けや失敗が続いて大人が疲れます。

なので、トイトレ完了目標の2、3ヶ月前など

ギリギリまで待って始めるのがおすすめ!

早くできちゃう子やなかなかできない子もいて

その子に合ったタイミングがあると思うけど

目安の一つにはなるんじゃないかなと思います。

あとは、大人が主導のトイトレで

失敗を未然に防いでイライラを最小限にする!

お片付けも、失敗しちゃったガッカリも

少ない方がストレスが小さくて

その分、子供に優しくできます。

我が子とワイワイ大騒ぎして、

トイレできたね〜、とかなんとか言いながら

一緒に頑張れるこの時を、

怒り顔やイライラではなくて

笑顔で楽しく過ごせますように!!

タイトルとURLをコピーしました