Z会幼児コースは難しい?いま年長さん5歳娘の様子をご紹介

3人子育て
鉛筆

幼児教育は何歳から?

お勉強はいつから始めたらいいのかな、と

考えているパパママさんに、

いま年長さんで5歳の私の娘の

お勉強事情についてご紹介します!

今回は、今取り組んでいる

Z会の幼児コースについて

難易度や問題の質、教材の内容など

年中、年長さんコースの感想です。

ご参考になれば嬉しいです!

Z会を始めたきっかけと時期

娘は絵を描いたり字を書いたりするのが大好き。

幼稚園に入る前から

シールブックや塗り絵、めいろ

間違え探しなどが大好きで

市販の幼児向け教材は年中の夏前には

一通り買って、やり尽くしてしまいました。

娘がお勉強をやりたいと

毎日のように何度も言うので、

毎月新しい課題が届く

通信教育を始めてみることにしました。

夏休みに入ると幼稚園がお休みで

毎日やることが無いと文句を言うので笑、

8月から始めることにしました。

なぜZ会かというと、

Z会の問題は良問ばかりだし、

小学校、中学校、高校と続けたかったから!

私は中学の頃、Z会が難しすぎて

始めてすぐにやめちゃったんです。

でも、Z会できちんと勉強できれば

勉強では心配は無いな、と感じているので

小さいうちから始めていこうと考えました。

難易度や問題の質、いい感じ!!

問題は本当に良問ばかりだと思います!

洞察力や表現力を養ったり、

文字や数字、生活に自然に関心を持てるような

問題が揃っています!!

大人と一緒にやる課題もあり、

子供の好奇心を刺激してくれる取り組みを

たくさん紹介してくれています。

柔軟に頭と心を使うように

問題がきちんと作られているなぁ、と

感じています。

難易度は、難しめだと思います。

Z会の問題は

色を塗ってみよう、とか

シールをはろう、とか

そういうだけじゃないです。

問題をちゃんと読んでちゃんと解きます。

お勉強自体にまだ関心がなかったり

鉛筆を持つことや座って課題に取り組むのが

好きではない子は

つまらないな、と感じるかもしれません。

付録や楽しい要素は少なめかも

教材内の遊び要素やイラスト、

楽しい付録などは少なめなのかなと感じます。

絵は問題に関することについて最小限だし、

人形や楽しいおもちゃのような付録は

付いてきません笑。

シールなども教材で使うのものだけ。

簡潔で問題に集中できて最高です!

娘も私も付録はいらない派なので

全然問題ないのですが

付録やキャラクターが欲しい派さんには

ちょっと寂しく感じるかもしれません。

娘の取り組んでる様子と感想

娘は問題を解くのが大好きなので、

Z会が届くのを毎月ほんとに楽しみにしています。

問題を解くのは基本的に1人で。

どうしてもわからないものは私に聞いています。

シールを弟が貼りたがって

ケンカもよくしています笑。

親子で取り組む課題も

できる範囲で一緒にやってあげていますが

親が時間を取るのは意外と難しくて

1人でやってもらうことも多くて反省してます。

提出課題もきちんと書いてます。

娘は一気に解いちゃうので

教材が届いて3日くらいで

全部解き終えてしまいます。

まとめ

Z会は良問ばかりで問題の質が高いです!

きちんとお勉強に取り組みたい場合は

ほんとに、おすすめ!!

お勉強に関心を持たせることが目的だったり

楽しく遊びの延長でお勉強に取り組みたい

という場合は、

ちょっと違う感じかもです。

その子に合う合わないがあると思うので、

無料お試しとかをいろいろ申し込んでみて、

お子さんに合う教材が見つかるといいですね!

タイトルとURLをコピーしました